商売を行っていると、時にはお客様からクレームが来てしまうこともあります。 この時、面倒に感じてしまうことなく真摯に向き合うことにより、新たな顧客を獲得することが可能になるのです。 クレームを行ってくるお客様の中には、正当な理由を持っているという方も多くなっています。 スタッフの接客が悪かったり、販売している商品の品質に問題があった場合、そのまま販売してしまうことで、お客様からの信頼も失ってしまうようになります。 ただ、クレームについて一つ一つ考えてみることで、サービスや商品の質に問題がなかったか、改めて検討する機会を得ることも可能になるのです。 このように、クレームに向き合ってみることで、今よりもお店のサービスを高めることができます。 お客様の多くは、何か問題があってもそれに我慢してしまいますが、その代わり次回からの利用を控えるなどで静かに去ってしまいます。 その点、クレームを入れてくれるお客様は、改善点について積極的に教えてくれるだけありがたい存在になります。